« ☆頻発する、熊本地震について | トップページ | ☆混沌は創造の大元 »

2016年4月22日 (金)

☆頻発する、熊本地震について②

この度の熊本地震で被害に遭われたすべての皆さまに、心よりのお見舞いを重ねて申し上げます。


この地震の意味するところとは、私たちの内側を目覚めさせるための神羅万象のはたらきによるものであると私は理解しております。


阿蘇神社の倒壊をお知りになって、皆さまは何をお感じになったでしょうか。

私はその大変にショッキングな映像を見た際、由緒あるあの阿蘇神社はその身をもって私たちに教えているのだと感じました。

パワースポットとしての神社崇拝、偶像崇拝としての神仏崇拝、パワーのある者を崇めたり頼ろうとする愚かな時代はもう終わりです。


そもそも神社に、一般的にとらえられているような神は存在していません。

そこに在るのは「神というはたらき」をたたえた、「意志からなる御姿」が在るだけなのです。

神社仏閣とは、そのあらわれ、象徴として存在しているものなのです。

盲信の視点により形骸化している宗教感は滅びゆき、いずれは過去のものとなっていくでしょう。


私たち人間は、外側に存在する現象ではなく、私たち自身の内在神なるはたらきに気づきを持つ必要があります。

内在神なるはたらきとは、「自身」であり、「他人」であり、そして「全体、公」というすべてのはたらきや存在に他なりません。

九州への祈りと共に、私たち自身という存在意志に最善を尽くしていきたいと思います。


スピリチュアル・プレゼンス padmana パドゥマナ

« ☆頻発する、熊本地震について | トップページ | ☆混沌は創造の大元 »

メッセージ」カテゴリの記事