« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の4件の記事

2016年7月31日 (日)

☆ハワイ新生リトリート♡11

「アースキーパークリスタル」についてご存知の方は、
このブログをお読みくださっている方々の中でどれくらいいらっしゃるでしょうか?

アースキーパークリスタルは宇宙エネルギーを地球に取り入れるため、
グリッドとして地球のパワーポイントに計画的に配置されるように存在しています。
また、地球や人類の進化のデータを保持しているため、そのデータを銀河に向けて発信してもいます。

そもそもクリスタルとはただの物質ではなく、私たち人間と同じような意識体であり"生きながら"存在しているので、
アースキーパークリスタルはまさに生き証人のように、宇宙や銀河、地球や人類と共に共存しているんですよね。

日本にも巨大なアースキーパーがありますが、
なぜか私はそちらよりこのカウアイ島のアースキーパーと出会うことを心待ちにしていました。
皆さんにもシェアしたいのですが残念ながら撮影が禁じられているため、寺院の写真をアップしますね。

寺院の中には偶然にもほとんど人がおらず、私たちはゆっくり瞑想しながらアースキーパークリスタルとつながりました。


Image_2


このクリスタルは、圧倒されるような壮大な集合意識のカタマリでした。
宇宙意識を内在し宇宙意識との受発信を行う架け橋であり、
そして天の川銀河をはじめ様々な宇宙人意識とのつながりを持っていました。

太古の昔、地球の目覚めを意図して用意されたこのアースキーパークリスタル。
いつか地球が5次元に目覚めゆくその時、
このクリスタルをはじめ地上の12体すべてのアースキーパークリスタルが振動し、
活性化して膨大なエネルギーを宇宙に放出するのが見えました。
それはとてつもなく美しいビジョンで、私は息をのみました。


そしてこのクリスタルを中心に、ハワイ諸島すべてをのみ込むかのような大きなエネルギーボルテックスが出来ています。
この美しくも繊細なこのエネルギーの渦に溶け合っていくと、
やがてこの渦を通じて地球の女神意識ガイアの波動が私の身体に伝わってきたのです。

ガイアが持つ、その壮大な深い愛の大きさと純粋さ。
地球はまさにここに生き、ここに在り、いつも私たちと共にありました。
そしてこの地球によって生み出され育まれた私たちすべての存在は、愛そのものでした。

私はその圧倒的な気づきにしばらく涙が止まらず、お香の香り漂う寺院で時を過ごしました。


スピリチュアル・プレゼンス padmana パドゥマナ

☆ハワイ新生リトリート♡10

カウアイ島2日目。
地球上に12体のみ存在するといわれているアースキーパークリスタルが納められる、
ヒンドゥー教のサルマンガ寺院に向かいます。

朝9時の礼拝にあわせて開門がなされました。
ハワイでヒンドゥー寺院とは不思議な感じですが、敷地内に入るとエネルギーがガラッと変わります。

この場所は、存在するものが宇宙の中心と繋がり、愛と調和から成る「地上天国」のエネルギーをたたえていました。
まさにアースキーパーが安置されている寺院ですね。

愛と至福、調和、そして完全性。
このうっとりするようなエネルギーを感じながら、私たちはこの美しい景色に魅入ります。
皆さんが言葉を失い、ただこの景色と呼吸をひとつにしていました。

ここには、レムリアの深い時間が流れています。
私はレムリア時代に体験した当時の幸福感を思い出さずにいられませんでした。

Image


数年前にイギリスとフランスのレイラインを旅した際に伺った、
グラストンベリーのチェリスの井戸で感じた統合エネルギーと似ている印象もありましたが・・・

そう言えば何人もの方からこの英仏レイラインの記事を読みたいとリクエストを頂いていましたが、
忙しさにかまけてスッカリ忘れておりました(笑)
早々にまとめなければいけませんね、暫く旅行記になりそうなので更新に励みたいと思います。

スピリチュアル・プレゼンス padmana パドゥマナ


2016年7月29日 (金)

☆ハワイ新生リトリート♡9

早朝に2名の方が帰国し、残りのメンバー7名でカウアイ島に移動します。
私が当初このリトリートを企画した際、ハワイ島の次にカウアイ島に向かうように
ハイアーセルフと女神ペレからアドバイスされていました。

ハワイ島では、潜在的に潜む様々なエネルギーを浮上させつつ浄化し、気づきを得ながら本来の自分を目覚めさせ、
それらをカウアイ島で調和させて完成させるのだと。

少しくらい敏感な方なら誰でも分かりそうなほどハワイ島はエネルギーの強い島ですが、
カウアイ島はとても繊細で、調和に満ちたエネルギーが流れています。
マウイ島の調和のエネルギーも美しいですが、カウアイ島はより神聖なエネルギーに満ちていると言えます。

ハワイ島のグラウンディングに向かう強烈なエネルギー。
カウアイ島の目覚めに向かう神聖なエネルギー。

参加者の生徒さんからも伺いましたが、ハワイ島が「地の島」だとすると、カウアイ島は「天の島」であると
ハワイ島に住むヒーラーのウイリアムレーネンさんもおっしゃっていたようです。
リフェ空港に降り立ってレンタカーを待つ間、初めて訪れたカウアイ島のエネルギーを感じながら、
ハイアーセルフと女神ペレのアドバイスに納得してひとりで唸っていました(笑)

昨晩マウナケアで新月だった月が昇り、わずかに地上を照らしています。
まさに私たちが天地のエネルギーをバランシングさせるためにここに来たことを感じながら、深い眠りにつきました。

スピリチュアル・プレゼンス padmana パドゥマナ

Image_2

2016年7月 8日 (金)

☆ハワイ新生リトリート♡8

ハワイ島最終日、5日目。
私たちを乗せた車はマウナケア山頂に向かいます。
古代ハワイアンにとって聖なる山であるマウナケアは、海底から測ると1万メートルを超え世界で最も高い山だそうですが、滑らかな斜面で形成されているため山頂まで車で登ることが出来ます。

辺り一面溶岩が広がった道を延々と進み、途中のオニヅカ・センターで高山病予防のための休憩を取ります。
皆さん、これから山頂で何が待ち受けているのか心待ちにしているようです。


私が初めてこの山に登ったのは、9年前の新月の晩でした。
180度まわりに一切の灯りも月さえもない夜空を眺めることは、生まれて初めての体験でした。
地球が毎晩物凄い数の膨大な星明かりに照らされていたことに驚きつつ、この宇宙や天の河銀河の壮大な連携や一体感を感じたのです。
そして私が地球に来た目的を思い出し、何度も何度も涙が溢れました。

山頂に着くと、巨大な光の柱が宇宙から降りていました。
ここは地球有数のパワースポットでもあり、調和からなる叡智と目覚めのエッセンスを放っている場所です。
その壮大さに圧倒された私たちは言葉を失い、ただただ美しい夕陽を眺めていました。


Image


やがて夕陽が落ち、静かに星々が輝き出します。
私は地面に横たわりながら視界いっぱいに広がる美しい星々の瞬きを眺めつつ、再びここに導かれたことに感謝でいっぱいでした。

皆さんが感動のあまり涙されていました。
9年前の私同様に、地球に来た目的を思い出されていた方。
壮大な一体感の中でご自身を赦した方、この世界の本質に気づかれた方。
そう、この日は奇しくも9年前と同じ、新月でした。

このエッセンスを持って、翌日私たちはカウアイ島に向かいます。


スピリチュアル・プレゼンス padmana パドゥマナ


« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »