« 2017年1月 | トップページ

2017年4月の1件の記事

2017年4月13日 (木)

★タスマニアのいのちを守る

動物界、自然界、そして私たち人間界との調和。
南半球にあるタスマニアは、地球に存在する私たちの調和の気づきを持つために、
大変大きな役割を持つ重要な場所です。

タスマニア政府は、35万6千ヘクタールもの森林を伐採し、この森に生きる様々な動物たちのいのちを危険にさらす法案を下院に通しました。

タスマニアで有名なタスマニアデビルは、「タスマニアデビル顔面腫瘍病」の伝播などにより激減しています。

以下の簡単な署名で動物たちのいのちを守ることが出来ます。
http://www.thepetitionsite.com/422/668/688/save-tasmania’s-forests-and-rare-and-endangered-wildlife/


Google翻訳より
タスマニアで提案された新しい法案は、356,000ヘクタールの森林を伐採業界が利用できるようにすることで、重大な生態系や独特の絶滅危惧種の生息地を破壊する可能性がある。

保護団体と元グリーンズ連盟のリーダー、ボブ・ブラウンは、ガーディアンに語った。

"タスマニアンデビル、くさび鷲、そして迅速なオウムを含む数多くの希少種のために法律が成立する。
保護を失う森林の大部分は、オーストラリア最大の温暖な熱帯雨林を含む信じられないほどの景観であるタケイン地方にあります。
ターキーネには、カモノハシやウンバートなどの動物が生息しています。
また、稀で脅かされたオレンジ色のオウムのような100種類以上の鳥があります。

提案された法律が制定されれば、これらの動物は滅亡する可能性が高い。

タスマニア政府は、環境や野生生物の長期的な福祉よりも産業利益に大きな価値を置いています。
タスマニアの代表者にこの哲学が受け入れられないというメッセージを送る必要があります。
タスマニアの森林を破壊する計画は非常に遠すぎて、タスマニアの森林産業の代表者さえも反対している。

林業法案2017は既にタスマニア議会の下院を通過している。
上院が法案を可決すると、2018年7月に森林伐採が可能になる。

タスマニアの森林や希少で絶滅の危機に瀕している野生生物を保護するため、環境大臣Josh Frydenbergとタスマニア議会の上院に要請する、この申請書に署名してください。

スピリチュアル・ プレゼンス padmana パドゥマナ

« 2017年1月 | トップページ